バレエクラスでは、牧阿佐美バレヱ団・橘バレヱ学校出身の経験豊かな講師陣が、

クラシックバレエの基礎から応用、そしてプロダンサーを目指す方の指導も行っています。

バレエクラス

押領司 博子

HIROKO ORYOJI

1975年 英国留学

1976年 ロイヤルバレエスクール マリヨン・レイン、リン・ウォーレスに師事

1978年~ 橘バレエ学校、牧阿佐美に師事 牧阿佐美バレヱ団公演に参加 橘バレヱ学校卒業、牧阿佐美バレヱ団入団 ヨーロッパ公演他、各バレエ団公演参加 「NHKバレエの夕べ」白鳥の湖、眠れる森の美女、くるみ割り人形等ソリストとして活動

1986年 出産を機にバレエの指導に努め牧阿佐美バレヱ団所属各バレエ教室及び橘バレヱ学校教師を経て1986年等々力駅前サンスタジオにバレエクラスを開講

1993年 上野毛駅前にスタジオ移転

2004年 新川崎シティアーツ開講、現在に至る

バレエクラスには3歳から大人まで、年齢に分かれてクラスがあります。バレエを始める動機はそれぞれですが、続けていくには『好き』という気持ちが大切だと思います。体を動かすのが好き、難しい事に挑戦するのが好き、音楽が好き。
新川崎シティアーツは2004年に開講し、今回で8回目の発表会です。
5月の開催に向け練習を重ね、通し稽古を残すまでにリハーサルを続けていた矢先、COVID -19 Pandemicのためスタジオは休業になりました。
3ヶ月近くの長い休みになり、皆が練習してきた事がゼロになるのではと心配しました。発表会は8月に延期となり、感染予防対策の為、以前のスタイルでの会はできずに色々変更を余儀なくされましたが、スタジオが再開してからは皆が楽しそうにレッスンをする姿に嬉しい気持ちになりました。第1回からベビークラスで参加した生徒達が、今では生徒を引っ張ってくれて頼もしい限りです。中には途中でやめた生徒さんも、発表会のお手伝いを申し出てくれたり、応援しに来てくれたりと嬉しい生徒達です。バレエクラスはバレエが『好き』な方はいつでも歓迎です。


柏木 重乃

SHIGENO KASHIWAGI

松尾明美バレエ研究所

橘バレエ学校卒業

元牧阿佐美バレエ団

元橘バレエ学校教師

元牧阿佐美バレエ団ワードロープミストレス

牧阿佐美バレエ団定期公演、ヨーロッパ公演に参加

現在、押領司博子バレエクラスワードロープミストレス及び指導補佐

発表会の舞台だけがバレエクラスの目標ではないけれど、普段のレッスンでは得られない体験でもあります。たいへんなこともいっぱいあると思いますが、頑張って!! 舞台できらきらと笑顔になれますように。(2020.8)スタジオで嬉しいと思うのは、何かのステップアップが見られる時です。挨拶や着替え ちょっとしたマナー、もちろんバレエのステップも! ひとりひとりのペースは違いますが、努力を続けて得られるものを大事にしてほしいと思います。(2019.3)ステップが繋がって一曲の踊りになり、踊りが繋がって一幕のバレエに。今年の発表会はシンデレラ全二幕に挑戦です。ひとつひとつの役がストーリーを引っ張ります。ジュニアクラスからシニア・オープンクラスまでが一緒に作り上げる舞台はきっと貴重な経験になると思います。(2018.4)


鈴木 規緒美

KIOMI SUZUKI

日本ジュニアバレエ

AMステューデンツ6期生

橘バレエ学校卒業

橘バレエ学校教師課程修了

元牧阿佐美バレエ団

橘バレエ教室、橘バレエ学校公認教室牧阿佐美バレエスタジオ、メゾン・ドゥ・バレエ南青山等の関連教室にて後進の指導にあたる。

この度8年振りにベビー科の教えに復帰する事となりました。子供達の潜在能力を引き出すお手伝いをしたいと願い、心掛けてレッスンに取り組んでいます。生徒達は本当にとても楽しそうにスキップしています。それを見ている私も楽しいです(笑) (2020.8)平成最後の年ですね…。新元号に変わりますね…。私達の教室の新規スタートは変わって間もない5月。新しい時代も全力で過ごし、安心して楽しめるように、全ての事に対して頑張っていきましょう~☆ (2019.3)新川崎シティアーツ教室初の全幕に挑戦しました。小さな生徒さん達は、いつもは接点の無い上級生と、多くのリハーサル時間を共にした事により、とてもお姉さんになったと思います。頑張った事への結果が表れる喜びと共に、素敵な夢の世界を生徒達が楽しく踊れるます様に!(2018.4)


寺門 希和

KIWA TERAKADO

青山ヘルシィスタジオ(牧阿佐美クラシックバレエ)

橘バレエ学校卒業

AMステューデンツ9期生

橘バレエ学校教師課程終了

元牧阿佐美バレエ団

元橘バレエ学校予科クラス教師

押領司博子バレエクラス専任講師、橘バレエ学校公認教室やメゾン・ドゥ・バレエ南青山ほか地方のバレエクラスでゲスト講師として後進の指導にあたる。

宝塚音楽学校に入学した106期の二人が今年卒業しデビューします。この二人のベビー科時代はつい最近のように思い出します。バレエを通して縁が繋がり、広げて各方面で活躍している姿をみるのは嬉しい。バレエで培った事を太い幹として沢山の枝を作って幅を広げていって欲しいです。みんなの今後の成長を楽しみにしていまーす。 (2020.8)前年度の新川崎発表会に引き続き上野毛スタジオでも初の全幕にチャレンジを致します。生徒達は演技もキャラクターダンスも意欲的に取り組んでお稽古してますので本番がとても楽しみです。また豊洲スタジオでも初めての舞台を経験する小さな生徒達が頑張っております。(お客様は癒されること間違いなし!)平成最後の発表会は全ての方に記念すべき素敵な日になりますように♪ (2019.3)今回の発表会は生徒達にとっても挑戦しがいのある演目でした。初の全幕作品では難しい曲もあり、特にいつも以上しっかり音を聞いて踊る練習に取り組み、演技にも挑戦!ストーリー構成を考えながら生徒達は演技勉強の練習もしてきました。一つの作品を皆で作り上げていく面白さや一体感をより感じてくれると嬉しいです♪(2018.4)


吉田 浩子

HIROKO YOSHIDA

アカネバレエ教室

橘バレエ学校卒業

AMステューデンツ

元牧阿佐美バレエ団

ISTD公認CecchettiClassicalBalletIntermediate取得

日本バレエ協会主催東北ジュニアバレエコンクール小学生の部第2位/ 高校生の部第2位

文化庁国内研修インターシップに選出される。

橘バレエ学校、プランタン銀座他首都圏のスタジオで指導

現在、新川崎シティアーツ、サンシャインバレエ豊洲、studio And One、京當バレエアーツで指導にあたる。

生徒達の日々一生懸命練習に取り組んでいる姿勢に、いつも心を突き動かされております。 思うように行かない日もあると思いますが、それもまた大きな経験となり自身に返って来ます。時には立ち止まり、深呼吸をし、前を見て進んでいってほしいです。(2020.8)踊りには、その人の心が表れます。思いやりの心、優しい気持ちを忘れずに、心の美しい踊り手になってほしいです。前向きに、努力を惜しまず、たまには息を抜いて、バレエを楽しみましょう♡(2019.3)バレエは心を豊かにする芸術と信じ、バレエから得られる感動を今年も沢山の皆さんと共有できたらと思います。私も何かレベルアップしなくてはと思う日々です。一緒に頑張りましょう!(2018.4)


大野 智子 

TOMOKO OHNO

4歳より笠原公美子バレエ教室にてバレエを始める。

11歳で鈴木延子バレエスタジオに入所。鈴木延子、宮尾みどりに師事。12歳で日本ジュニアバレエ(JJB)に合格。AMスチューデンツ第25期生に合格。

ヤン・ヌイッツが主任講師を務めるセミナーに参加し、クラシックバレエの他フランシス・ウエイツの解剖学クラスやボディ・コンディショニングも学ぶ。

2002年2月、牧阿佐美バレエ団に入団。牧阿佐美バレエ団の舞台に出演。

出産を経てバレエ団へ復帰し、2013年3月に現役を引退後、新川崎シティアーツ にて親子deバレエクラスを担当する。 同年12月『KonBalletStudio』開設、指導。

 

主な作品  

<牧阿佐美バレヱ団> 主なバレエ団出演作品。白鳥の湖、くるみ割り人形、眠れる森の美女、ドン・キ・ホーテ、リーズの結婚、ロメオ&ジュリエット、三銃士、ライモンダ、ジゼル、アビアント、ダンスヴァンテアン、ノートルダム・ド・パリ、ピンク・フロイドバレエ他。

何かと忙しいこの頃、皆様はどうお過ごしでしょうか?毎日コロナのニュースで気が滅入りそうですが、私は子供たちといられる時間が増えて嬉しいな♥なんて思う日々です。 先日、次男の園長先生のブログを見ていて良いなと思う記事がありました。前向きになるほど結果は良くなり、後ろ向きになると悪くなる。意識を変えることは結果も変えることが出来るのです(少し省略)。バレエでも同じ考えが出来ますね。例え失敗をしても、次に繋がる何かを見つけられたらもう一つ壁を乗り越えることが出来ます。崩れていても必ず晴れる日は訪れます。春のやさしい陽射しのように。(2020.8)よくレッスンの後に、全身がスッキリしました! と言われます。ママバレエのレッスンは育児で凝り固まった身体をほぐすことから始まります。60分という短い時間ですがストレッチで全身の血流を良くして筋力アップ+燃焼は欠かしません。私たちは常に生徒さんの事を思い、考え指導しています!皆さん、これからも先生方を信じてついてきてくださいね。(2019.3)新川崎シティアーツ第7回発表会おめでとうございます。発表会は出演者だけではなく、先生方や舞台の裏で支えてくれているスタッフさんたち、応援してくれている家族がいるから迎えることが出来ます。感謝の気持ちを忘れないでくださいね。発表会の成功を心より願っています。(2018.4)


日髙 有梨 

YUURI HIDAKA

押領司博子バレエクラス

橘バレエ学校卒業

AMステューデンツ22期生

橘バレエ学校教師課程終了

ノルウェーインターナショナルバレエ研修

ドルトムントシティバレエ研修

ISTD公認CecchettiClassicalBalletIntermediate取得

牧阿佐美バレエ団ファーストソリスト

牧阿佐美バレエ団「くるみ割り人形」金平糖の精にて主演デビュー、「白鳥の湖」「ロメオ&ジュリエット」「ドン・キホーテ」「ライモンダ」で主演するほか、数々の舞台で主要な役を踊る

同バレエ団スペインツアー、グラナダフェスティバル、NHK吉田都のスーパーバレエレッスン、NHKバレエの響宴に出演

SANYOコート2018秋冬メインビジュアルを務める

今年の発表会、幕物作品では新川崎教室が開講して以来初めて生徒が主役を踊ります。5歳で入会した彼女も、今では生徒みんなの頼れるお姉さん!また、昨年からは新川崎教室出身の生徒さんが指導スタッフに加わり、より深くバレエの勉強に励んでいます。彼女たちを含め、生徒皆の成長と、バレエ大好きな気持ち溢れる踊りを見られることがとても嬉しいです。(2020.8)先日、電車の中で声をかけられました。なんと以前ジュニアクラスに通っていた生徒さん、すっかり素敵な大人になっていてすぐには気がつきませんでした…笑。3つのお教室の中で一番歴史のある上野毛教室が今年の発表会では初めて全幕作品に挑戦いたします。お芝居もたくさんある『コッペリア』。ベビークラスだった生徒さんがお友だち役でちょっぴり照れますが、皆で楽しく踊れたらいいなと思っています!(2019.3)今回、発表会で初めての全幕バレエを上演いたします。いつもと違った雰囲気に最初は覚えることも多く大変そうでしたが、子どもたちの成長をとても早く感じる練習期間でした。嬉しそうな顔、集中しているキリッとした顔、覚えられなくて悩む顔、できなくてくやしい顔、何より踊っているときの楽しそうな顔は宝物です。(2018.4)


尾形 結実

YUIMI OGATA

押領司博子バレエクラス

橘バレエ学校教師課程修了

元牧阿佐美バレエ団

現在、押領司博子バレエクラス系列全てのスタジオのほか、洗足学園音楽大学牧阿佐美バレエ団クラスの講師も勤める

2020年3月をもって、牧阿佐美バレヱ団の舞台に立つ事から引退し新しい生活がスタートした1年。豊洲スタジオでもクラスを新しく持たせて頂き、今までとは違った気持ちで毎日を過ごしています! 改めて生徒の皆様一人一人と時間を共有する事が増えた事によって、これから自分が学んでいくべき事や伝えていきたい事がより明確になりました。「バレエ大好き!」な気持ちを育てられるようなクラスをしていけるよう、自分自身も楽しみながら学んでいけたらと思います。(2020.8)今年は上野毛第16回 発表会。このスタジオに入会して、第4回発表会から参加させて頂いていますので、今年で13回目となります。 スタッフとして関わらせて頂くようになっても、毎年舞台で踊る機会を与えて下さる押領司先生には感謝でいっぱいです。私ごとになりますが、今年3月の舞台を持って、牧阿佐美バレエ団の舞台に立つ事から引退する事になりました。入団してから12年間、毎日刺激だらけでした。ここには書ききれない程の思いがありますが、とにかく幸せな気持ちでいっぱいです! そこで学んだ多くの事をこれからのクラスやリハーサルで皆様にお伝え出来るよう精進いたします! 公演を観にいらして頂き、応援して下さっていた皆様、ありがとうございました。これからも是非、バレエ団の舞台を観て頂きたいです!先日、ありがたいことに牧阿佐美先生よりバレエ教師としての在り方の理想をお話し頂き、大変感銘を受けました。まだまだ学ぶ事ばかりで、これからまた新しい自分を発見出来る事にワクワクしています!(2019.3)新川崎スタジオは今回で7回目の発表会になります。記念すべき第1回は2006年でした。私もまだ上野毛生徒として出演していました。ベビー科さんとして出演していた生徒さんが、今や最上級生でグランパ・ド・ドゥを踊ります。上級生たちが率先して小さい子の面倒を見てくれていたり、片付けをしているとさり気なくお手伝いをしてくれたり…踊り以外の部分でも活躍してくれています。また、今年は初めての全幕バレエ「シンデレラ」に挑戦! ゲストの方に華を添えて頂き、みんなで創り上げる舞台。楽しみです!(2018.4)


長谷川 修子

SHUKO HASEGAWA

小柴葉朕バレエスクール

日本ジュニアバレエ

AMステューデンツ

元牧阿佐美バレエ団

パリ・オペラ座バレエ学校にて「2008Cross Threads program」を受講

埼玉全国バレエ舞踊コンクール シニアの部第3位

Flap全国バレエコンクール シニアの部第1位

つくば国際バレエコンクール シニアの部優秀賞2位

オールジャパンユニオンコンクール シニアの部第2位

NBA全国バレエコンクール シニアの部第2位

東京新聞主催全国舞踊コンクール 第一部入賞1位

PlumeBalletArts主宰



土川 世莉奈

SERINA TSUCHIKAWA

MK Ballet

日本ジュニアバレエ

AMステューデンツ28期生

東京シティバレエ団

NAGOYA全国バレエコンクール 第2位

FLAP全国バレエコンクール 第2位

埼玉全国舞踊コンクール 毎日新聞社賞

現在、新川崎シティアーツにて講師を勤める

昨年から水曜日と金曜日のクラスを担当させて頂くことになり、アシスタントの頃よりも子供達と深く関わることが多くなりました。今年はベビークラスの生徒が増え初めて発表会に出る子供達が多いです! 私自身シティアーツの発表会は初めてなので子供達と一緒に成長できたらな! と日々のお稽古とリハーサルを頑張っています♪♪発表会では、一人一人の成果が発揮できる舞台になるようサポートします!!(2020.8)


鰐渕 ののか

NONOKA WANIHUCHI

渡辺珠美バレエ研究所

日本ジュニアバレエ

AMステューデンツ

牧阿佐美バレエ団コールドバレエ

第1回全国バレエコンクール プリ・ド・カナザワ 高校生の部第3位 プリ・ド・カナザワ賞

昨年より新川崎でアシスタントをさせていただいております。いつも皆が楽しそうに笑顔でお稽古する姿を見てとても元気をもらっています。バレエを楽しいと思ってもらえるようにバレエの素晴らしさをたくさん伝えていけたらいいなと思っております。アシスタントとしてもダンサーとしてもまだまだ未熟ですが日々精進してまいります。(2020.8)


石田 未帆

MIHO ISHIDA

新川崎シティアーツ
日本ジュニアバレエ
橘バレエ学校教師課程科在学中
押領司博子バレエクラス、新川崎シティアーツ、サンシャインバレエ豊洲にて講師を務める

昨年の秋から発表会に向けて練習をしています。はじめは、出来なかった振りも一生懸命練習をして、出来るようになってきました。 日々、練習をしている生徒さんの姿を見て、努力の積み重ねの大切さを改めて感じました。今回、私も出演させていただきます。発表会本番では、舞台で踊ることの楽しさを一緒に共感できたら嬉しいです。(2020.8)


木村 真生

MASAKI KIMURA

倉林佳代バレエ教室

都立総合芸術高校バレエコース卒業

元ジャパン・バレエ・フェスティバルバレエ団

牧阿佐美バレエ団

ジャパン・ダンス・コンペティション 創作バレエの部第2位

堀内充Ballet Collection参加



チェケッティクラス

新谷 佳冬 

フ ラ

石渡 みき恵

特別ゲスト講師

当スタジオのシニアクラス、シニアクラスオープンクラスの指導をいただいています。

成澤 淑榮

イルギス・ガリムーリン

森田  健太郎

志賀 三佐枝



志賀 三佐枝

Misae Shiga

橘 秋子、牧阿佐美に師事

1989年~ 1989年、橘バレヱ学校を卒業と同時に牧阿佐美バレヱ団に入団。88年の埼玉県全国舞踊コンクール第1部で第1位橘秋子賞を受賞。94年、「ドン・キホーテ」の主役に抜擢されダイナミックで完成度の高い舞台を披露。以来、確実なテクニックと豊かな音楽性で「くるみ割り人形」「ドン・キホーテ」「ロメオとジュリエット」「リーズの結婚~ラ・フィーユ・マル・ガルデ~」「椿姫」「ノートルダム・ド・パリ」の主役を踊る他、新国立劇場のソリストとしても活躍する若手実力派。97年にはサンフランシスコ・バレエのガラ公演にゲスト出演し、“流れるようなポール・ド・ブラ、厳然としたバランス、すばらしい音楽的感受性に支えられた表現力”と現地紙が絶賛した。97年松村賞、98年松山バレエ団芸術奨励賞を受賞、2000年中川鋭之助賞受賞。